滋賀県野洲市の甲原医院です。内科・循環器・メディカルフィットネス・禁煙治療等、お気軽にご相談下さい。

滋賀県野洲市小篠原2057-1 甲原医院

トップ
診療案内
甲原医院について
メディカルフィットネス
施設案内
禁煙治療
院長日記
特定健診(メタボ健診)
定期健診・入学 入職時健診
求人募集
交通アクセス

滋賀県野洲市の甲原医院の診療時間です。
院長日記

偶然が偶然を呼ぶ話
[2012/11/26 16:08:49]


人生50年近く生きているとなかなか「味な」偶然に出会うことがある。

高校3年の時の同級生で沖縄、宮古群島の離島に嫁に行った人がいる。
卒業して4年目の春、石山で同級会がありその時会ったのが最後になるが、
その時もう臨月で幸せそうな姿がまぶしかった。

10年ほど前であったか、沖縄本島の最北端、国頭村の奥という集落の民宿に泊まっている時に、
民宿の本棚からたまたま手にしたトランスオーシャンエアの機内誌「Coralway」をめくっていると、
彼女が写真入りで記事になっていた。
ご主人と牛を飼ったりしてずいぶん苦労したようだが、
彼女が手掛けたマンゴーは特産品になり、島をうるおしているそうだ。
しかも彼女は3人の母になっていた。
へえ、ずいぶんがんばっているんだ、そんな感じだった。

5年前、池間島という宮古群島にある島の小さなホテルでトーストをかじりながら新聞を観ていたら、一面に彼女が写真入りで載っている。
長年、民間の立場から教育行政への貢献が大であったということで、
ひな壇の上で表彰状を受け取る姿である。
このことをちょっと興奮しながらホテルの女主人に話した。
女主人は、いつも黒ずくめの魔女風の姿でいるので地域の人たちから「サマンサ」と呼ばれていた。
「彼女は宮古では有名な人。こんな偶然はめったにないから会いに行くべきよ。来間島できれいなカフェをやっているから行ってきなさいよ」
レンタカーを駆ってカフェ「楽園の果実」に行ってみた。
彼女は留守だった。

つづく